料理から探す

国名から探す
レシピを検索する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココの葉と野生シカ肉の落花生ペースト煮

food01.jpg

料理名(日・英・現地語)


ココの葉と野生シカ肉の落花生ペースト煮(日)
Stewed koko leaves and wild venison with peanut paste(英)
ejaab na kuie ne koko ne nguba (Bakwele)

食されている国や地域


カメルーン東南部地方、コンゴ共和国北西部地方をはじめ、中部アフリカの広範な熱帯雨林地域

この料理って?


千切りにしたココ(Gnetum africanum、写真はこちら)の葉っぱを、熱帯雨林で最も一般的なジビエ(野生獣肉)の1つであるブルー・ダイカーの肉と一緒に磨り潰した落花生のペーストで煮込んだもの。お肉がちょっぴりでもココの葉っぱをたくさん入れれば栄養満点!

材料 (2人分)


十分な量のココの葉っぱ
新鮮な若い生葉が好ましいが、入手が難しければ、乾燥葉を水でもどして使う

野生ブルー・ダイカーの生肉を少量
入手が難しければ、他のジビエや牛肉や豚肉でもよいが、風味が劣るかもしれない

落花生のペースト
あらかじめさやを剥き、豆を炒ったものをフード・ミルで挽くなどして調製する

サラダオイル
大さじ1杯程度

適量、多すぎると失敗する

適量

唐辛子
好みに応じて適量を。生のものを入手して磨り潰しておければより良い

マギーブイヨン
エビ味のものがカメルーン東南部では人気がある。1/4~1/2かけら程度



調理手順


1) ココの葉は、茎から小複葉の部分を外してから重ねて丸め、よく研がれた包丁で0.5-2mm程度に千切りにする。特に古めの葉っぱしかないときにはなるべく細く切る。なお、アフリカやヨーロッパの市場で半乾燥状態で売られているものは、既に千切りにされていることが多いので、1-2時間程度水に漬けてもどしておく。
2) 塩を振ったシカ肉をサラダオイルあるいはヤシ油で軽く炒める。燻製状態の獣肉の場合は、熱湯につけてから煤汚れを落とし、細かく千切っておく。
3) 1)を十分な量の水に入れて火にかけて煮る。
4) 十分に煮たら、水を減らして2.と落花生のペーストを加え、撹拌しつつさらに煮る。
5) マギーブイヨン、塩、唐辛子で味を調えて完成。一緒にたべる主食はキャッサバの練粥でもよし、プランテンバナナを蒸したものでもよし、コメのご飯でも美味しくいただける。

フィールドメモ


典型的なアフリカ熱帯雨林地域の料理である。詳細は、アフリカ便りのエッセイ「煮る技術が支える熱帯雨林の食生活」を参照ください。

紹介者:大石高典

紹介者による関連エッセイ


煮る技術が支える熱帯林の食生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。