料理から探す

国名から探す
レシピを検索する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナとラッカセイのカトゴ

料理名(日・英・現地語)


バナナとラッカセイのカトゴ(日)
akatogo ka’binyebwa(ガンダ語)

食されている国や地域


ウガンダ 中央部

この料理って?


カトゴは、ウガンダの中央部でよく食べられている主食とソースの煮込み料理です。朝食や昼食として食べられる
ことが多く、主食にはバナナ(マトケ)やジャガイモ、キャッサバ、具材はインゲンマメ、牛肉、ウシの腸などの
トマトベースのソースや、ラッカセイベースのソースが使われます。今回はウガンダで多く栽培され、よく食べら
れるバナナとラッカセイの組み合わせのカトゴを紹介します。

材料 4人分)


バナナ(マトケ)
30本くらい

ラッカセイ(すりつぶしたもの)
750g

玉ねぎ
小1/2個

トマト
小3個

適量

ギー(バターオイル、任意)
適量




調理手順


1) バナナの皮をむいて、軽く水で洗う

バナナの皮をむく
ウガンダでよく食べられるバナナ「マトケ」は、こんな色と形をしています

2) 鍋にバナナを入れ、バナナの 3 分の 2 ぐらいが浸る量の水を入れて火にかける

3) 別の鍋にラッカセイを入れ、少しの水と混ぜてペースト状にする

砕かれたラッカセイ
最近では機械で粉状にされたものを購入する人も多いですが、家で臼を使って砕く人もまだまだいます
日本で調理する際は薄皮のついた状態でミキサーかフードプロセッサーにかければ OK です

4) みじん切りにしたタマネギをラッカセイのペーストに入れる

5) ラッカセイのペーストを火にかける

6) ラッカセイが煮えたら、小さく切ったトマトを混ぜる

煮えてきたラッカセイのソース

7) バナナに火が通ったら、バナナの煮汁でラッカセイのペーストを薄めて、バナナの鍋にラッカセイのソースを入れる

茹であがったバナナにラッカセイソースを流し込む

8) 塩とギーを混ぜ、蓋をして煮込む


フィールドメモ


ウガンダ中央部は「バナナの国」と呼ばれることもあるほど、たくさんの種類のバナナが栽培されています。それぞれに食べ方や調理方法が異なりますが、いちばん主食として食べられるのが「マトケ」と呼ばれるバナナです。緑色のままナイフで皮をむき、火を通して食べられます。私にカトゴの作りかたを教えてくれた SN さんは、1 歳になる娘を妊娠していたころ、ずっとラッカセイとバナナのカトゴを食べつづけていたとか。出産後はラッカセイソースに飽きたのか、私のために久しぶりに調理してくれました。


紹介者:浅田静香
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。