料理から探す

国名から探す
レシピを検索する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤギ肉の直火焼き

料理名(日・英・現地語)


ヤギ肉の直火焼き(日)・BBQ goat(英)

食されている国や地域


エチオピア南西部マゴ国立公園

この料理って?


マゴ国立公園で働くスカウト(レンジャー)のうち、半農半牧のバンナのスカウトがいつも作ってくれるフィールド料理。家畜をさばき、豪快に、じっくりと焼いて、屋外で食べます。


材料 (約10人分)


ヤギ
1頭

適量



調理手順


1) ヤギをナイフで解体する。


丁寧に解体する。

2) 火を起こす。

3) 近くの木を手折り、ナイフで先をとがらした棒を作る。

4) 解体した肉や内臓を棒に刺し、焚き火周辺に並べる。


串に刺す。


火で炙る。

5) 棒はときどき、火のあたる向きを変えながら、焼きあがるのを待つ。全体がこんがりしてきたら、出来上がり。


細かく切って、塩や唐辛子をつけて食べる。


フィールドメモ


・調査で数日フィールドに出かけるときは、焼いたヤギ肉を串にさしたままもっていきます。長期になりそうな場合は、ヤギを車の屋根に乗せていくこともあります。
・スカウトは、村に帰れば、地域の作法(解体方法・肉の分配など)にしたがいますが、公園では観光客に受け入れられやすい簡略した調理をします。


紹介者:西崎伸子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。