料理から探す

国名から探す
レシピを検索する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリの炒めもの

料理名(日・英語・現地語)


シロアリの炒めもの/ roast termites (英語) / iziswa (マラゴリ語)

食されている国や地域


ケニア西部 (Western Province)

この料理って?


シロアリの有翅虫(羽アリのことです)が、巣立ちのために飛び立つところを捕まえます。見かけはちょっと気持ち悪いですが、おいしいです。「おばあちゃんちで食べる懐かしいおやつ」といった雰囲気の味がします。ウガリ(トウモロコシの粉を練ったもの)といっしょに食べます。

材料 


ヒメキノコシロアリの有翅虫
500ccカップ2杯分

塩 
少々

バナナの茎を焼いた灰
500ccカップ1杯


食用になるシロアリはほかにも何種類かいます。

調理手順


1)灰汁をつくる。バナナの茎を焼いた灰を用意する。穴の開いた容器に灰をいれ、水を注ぐ。しばらくすると受け皿に液が出てくるので、それを保存しておく。
2)シロアリを鍋に入れ、火にかける。
3)しばらく混ぜ、灰汁と塩を入れる。
4)香ばしい匂いがしてきたら鍋を火からおろし、できあがり。

野菜3

フィールドメモ


シロアリのなかまは分業がすすんでおり、同じ巣の中でもワーカー(巣の建設、補修、幼虫の世話)、ソルジャー(巣の防衛)、女王(産卵)、有翅虫(巣を出て、新しい女王、王となる)と、形態や役割が別れています。ケニア西部に住むマラゴリ人が食用にするのは、この中で有翅虫のみです。雨上りの夕方、有翅虫が空を舞い始めると、子供たちが喜んで捕まえにいきます。シロアリを捕まえるのは、面白い遊びでもあります。

関連エッセイ


「シロアリを捕えよう」


紹介者:庄司 航





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。