料理から探す

国名から探す
レシピを検索する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の数種混ぜ合わせ

料理名(日・英語・現地語)


野菜の数種混ぜ合わせ/ Boiled vegetabeles (英語) / Umutele (マラゴリ語)

食されている国や地域


ケニア西部 (Western Province)


この料理って?


モロヘイヤを中心に、複数の野菜をゆでたもので、粘りが特徴です。味付けは塩と、ムニュと呼ばれる木灰から水で抽出した液を使います。ムニュは苦みを和らげ、粘りを強くする効果があります。ケニア西部では非常に一般的なおかずです。

材料 


モロヘイヤの葉
両手いっぱい

ササゲの葉
片手いっぱい

Crotalaria ochroleucaの葉
片手いっぱい

Solanum americanumの葉
少量

かぼちゃの葉
数枚

アマランサス(Amaranthus cruentus)の葉
少量

適量

バナナの茎を焼いた灰
500ccカップ一杯程度



調理手順


1)カボチャの葉はスジを取り、細く切る。他の食材は、葉柄から先の葉だけ残し、茎は捨てる。
2)灰汁をつくる。バナナの茎を焼いた灰を用意する。穴の開いた容器に灰をいれ、水を注ぐ。しばらくすると受け皿に液が出てくるので、それを保存しておく。
3)鍋を火にかけ、葉類を入れる。
4)水を少々入れる。
5)灰汁を入れる。
6)混ぜながら、葉が柔らかくなるまでゆでる。およそ20分くらい。
7)塩を入れ、さらに10分ほどゆでたらできあがり。

野菜3
葉と茎を選別している。葉だけを料理に使う。

野菜3
灰汁を作る。

野菜3
混ぜながら茹でる。

野菜3
できあがり!


フィールドメモ


ケニアの料理には珍しく油を使わないので、とてもあっさりした味わいです。ウガリ(トウモロコシの粉を練ったもの)といっしょに食べるのが普通のスタイルです。ケニア西部に住むマラゴリ人は、おかずのことを「野菜」と総称するほどの野菜好きです。肉も「野菜」です! 日本語で言うところの「ごはん」のような感覚でしょうか。なお、材料のアマランサスは、育てたりはせず、畑に勝手に生えてきたものを使います。いろいろな野菜を入れますが、モロヘイヤは必須です。



紹介者:庄司 航
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。